足に関する総合情報サイトwalkly

間違えたネイルケアは危険?足の爪のでこぼこ解消法をネイリストが伝授!

ネイリストをしているとお客様から“足の爪がでこぼこしている”ことが原因で

「フットネイルはちょっと…」「サンダルが履けない」というお悩みをよく耳にします。

爪がでこぼこに生えてくる原因は色々あります。

実はその大部分が自分で行う甘皮ケアによることが多いのです。

「えっ」と思われた方も多いのではないでしょうか?

甘皮ケアででこぼこした爪が生えてくるのはこんな理由があったんです。

 

 

《目次》

■ 爪のでこぼこは体の病気?

■ 足の爪がでこぼこになる原因

■ でこぼこした足の爪におすすめの対処法3つ

■ 正しいネイルケアの方法

 正しいネイルケアをマスターして目指せ素足美人!

 

爪のでこぼこは体の病気?

爪は健康のバロメーターと言われていて、


内臓疾患、気管支疾患、神経疾患、皮膚疾患


が爪に現れることがあります。


ただ内臓疾患などの体の中の疾患が爪に現れる場合は爪1本に現れるというより10本の爪全てに現れることが多いようです。


皮膚疾患の場合は爪周りの皮膚に変化が現れ、最終的に爪にまで影響するので早めに病院に行くことをおすすめします。


足の爪がでこぼこになる原因

足の爪がでこぼこになる原因は乾燥、タンパク質やビタミン、カルシウムや鉄分や亜鉛不足など様々ですが、間違えたネイルケアでもでこぼこした爪が生えてきます。


自分で爪のお手入れなどをされる方は特に注意が必要です。


 


1.乾燥でのでこぼこ


だんだん年を重ねて行くと水分を体の中に留めておくことが難しくなります。


爪も同じで老化現象の一つとして爪が縦方向にでこぼこしていくのは乾燥が原因です。


また除光液の使い過ぎも爪の乾燥の原因となります。


 


2.栄養不足でのでこぼこ


偏った食生活で栄養不足となり爪がでこぼこになります。


現代に栄養が不足することはありません。


ただ偏った食生活によって栄養が十分に体に吸収されないということも。


タンパク質、ビタミン、鉄分、亜鉛などバランスの摂れた食生活が大切です。


 


タンパク質


・・・肉・魚・大豆製品(豆腐)・卵 など


ビタミン


・・・かぼちゃ・うなぎ・ナッツ類・植物油 など


カルシウム


・・・牛乳・ヨーグルト、小松菜、ししゃも など


鉄分


・・・レバー・あさり、きくらげ など


 


また十分に摂れないときはサプリメントなどで補ってあげるのもおすすめです。


 


3.間違えたネイルケア


たまに“甘皮が気になってカッターで切っています。”という衝撃的な言葉を聞きます。


これ実は一番危険です。


爪の根元の部分にはネイルマトリクス(爪母:そうぼ)と言われる爪の再生機能を司る組織が存在します。


このネイルマトリクスを誤って傷つけてしまうと、損傷具合によって、ずっとでこぼこした爪が生えてくるので注意が必要です。


また足の爪の上に重たい物を落としてマトリクスを傷つけてしまった場合も同様、でこぼこの爪が生えてきます。


でこぼこした足の爪におすすめの対処法3つ

それではでこぼこした足の爪の対処方法をご紹介していきます。


どれも自分で簡単に行えるケア方法なので試してみてください。


 


・爪を磨く


爪を磨く時には軽く爪の表面を削りながら爪表面をなめらかにしていきます。


そして爪をなめらかにすることによってピカピカになっていくのででこぼこが少しの場合なのであれば爪を磨いてでこぼこを取ってあげましょう。


※でこぼこを取ろうと爪を削りすぎると爪が薄くなるので注意してください。


 


・繊維入りのベースコートを使う


ポリッシュを塗る時のベースコートをリッジフィラーに変えてみましょう。


リッジフィラーは繊維が入っているので透明のベースコートに比べると白っぽく見えますが、爪のでこぼこを埋めてくれるだけでなくカラーポリッシュの発色をよくしてくれる優れもののベースコートです。


 


・正しいネイルケアを行う


足の爪がでこぼこしているとネイルカラーを塗ってもあまりキレイに見えなかったり、人前に出すことが恥ずかしかったりすると思います。


また間違えたフットケアはでこぼこをもっとひどくさせたりもするので正しいケア方法を覚えましょう。


正しいネイルケアの方法

フットケアのベストなタイミング


足のお手入れをするベストなタイミングはお風呂上がりです。


甘皮もお湯に浸かることで柔らかくなっていること。


また足が一番清潔な状態なのでおすすめです。


お風呂上がりが難しい場合は必ず足を石鹸などで洗って清潔な状態にしてから行うようにしましょう。


 


準備するもの


・フットバス 


※なければ足首まで浸る容器で代用可


・アロマオイル 


※なくてもOK


・綿棒


・ガーゼ


・キューティクルオイル



 


甘皮ケアの手順


1.甘皮を十分にふやかす


ご自宅にフットバスがなければ代用できる容器でOK。


足首くらいまで浸るくらいにお湯を入れます。


アロマオイルなどを数滴垂らしてあげるのもおすすめです。そして両足を浸します。


 


2.綿棒で甘皮周りをクルクルする


5分くらいすると甘皮が柔らかくなるので柔らかくなってから片足はお湯につけた状態で行います。


まずは綿棒で優しく甘皮周りをクルクルしながら押し上げます。


そしてクルクルし終わったら、またお湯に戻しもう片足をお湯から出してクルクル


 


3.ガーゼを指に巻きつけて甘皮を取り除く


綿棒が終わったら親指にガーゼを巻きつけて、お湯から足を出し甘皮を取り除きます。


このとき全部を取ろうとすると強い力がかかってしまうので注意してください。


一気に取り切ろうとするとマトリクスを傷つけたり、リバウンドの原因にもなるので、甘皮のお手入れは2週間に一度くらいを目安に数回に分けてとりましょう。


 


4.キューティクルオイルで保湿する


甘皮のケアが終わったら必ずキューティクルオイルを塗りましょう。


よくクリームでも大丈夫かと聞かれますが、甘皮周りの浸透力を考えるとキューティクルオイルがおすすめです。


甘皮のケアが終わった後だけでなくキューティクルオイルは気づいた時に塗ってあげる方が効果的なので1本持っておくと便利です。


正しいネイルケアをマスターして目指せ素足美人!

甘皮のお手入れは、できればプロにやってもらうことをおすすめします。


ただどうしてもサロンにいくことが難しい場合は、


「甘皮を十分に柔らかくする」


「甘皮のお手入れは数回に分けて行う」


「甘皮のお手入れが終わった後は十分な保湿をする」


といったポイントに気をつけて行いましょう。


時間がない方はキューティクルオイルを塗るだけでも違ってくるのでぜひ試してみてください。


関連記事

かかとのひび割れを治す方法と予防!実は身近なものでケアできる

2018.06.07

「買ったばかりのストッキングを何枚もダメにしてしまう」「かかとが気になってサンダルが履けない」そんな経験はありませんか?足裏の角質が硬くなってカサカサ。かさつきが進行して干からびた鏡餅のようなひび割れは、ささくれとなりストッキングをやぶってしまう原因になります。なぜ足のかかとはひび割れをしやすいので...

カテゴリーから記事を選ぶ