足に関する総合情報サイトwalkly

いったいなぜ?節電で「大人あせも」が増加中 正しい対処法は?

子供がなる病気というイメージが強く、汗っかきな人以外では大人になってからなることが少なかったあせもや汗による肌荒れ。

ところが近年は気候やオフィスなど、私たちを取り巻く環境の変化によって、あせもに悩む大人が増加しているようです。

原因はいったい何なのでしょうか。

悪化させないための対処方法をまとめました。

猛暑・節電 「大人あせも指数」は上昇中

子供に多く、大人はあまりかかるイメージがない「あせも」。


実際、あせもや汗による肌荒れは大量の汗をかくことで引き起こされるため、代謝がよく激しく運動する機会の多い子供によくみられる症状です。


しかし近年、大人でも汗をかく機会が増えたことで「大人あせも」が増えているようです。


夏の暑さが以前にもまして厳しくなり、通勤時や外出時に汗をかきやすくなったため。


とくに近年は早朝から気温が高い状態が続き、朝のラッシュで汗をかきやすくなりました。


そして「クールビズ」に代表される節電キャンペーンがこの状況に追い打ちをかけているようです。


ユースキン製薬によると節電で室内温度が高めに設定されていること「大人あせも」を増加させている一因だといいます。


こうして大量の汗をかいたまま放置すると汗の通り道がつまったり、汗に含まれるアンモニアなどの成分が皮膚を刺激したりして炎症を起こしてしまったのがあせもです。


かゆみをともなう赤いぶつぶつや、透明な水泡が皮膚の表面にできるのが特徴です。


それらを爪で傷つけてしまい、雑菌が入ることでほかのさまざまな皮膚病のきっかけになることもあります。


あせもができやすいのは大量にかいた汗がたまったり、皮膚がむれやすい部分。


女性では下着が当たる部分、男性では首元や腰などによく見られます。


他にも、こすれて刺激が加わりやすい肘や膝、服の下で蒸れやすい腹回りや背中、お尻など、意外に全身の広い範囲でできてしまう可能性があります。


あせもの洗いすぎに注意

あせものうち最も多い症状が赤いぶつぶつができてかゆみが現れる「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」というものです。


かゆみに我慢できずに皮膚をかいてしまうと、皮膚を傷つけばい菌が入って化膿したり、ぐじゅぐじゅの状態になってしまいまうこともあります。


夏は紫外線の影響で皮膚の抵抗力がもともと弱まっています。


とびひやできものなど他の皮膚病になることもあるので不用意に触らないようにしましょう。


爪を短く切ってしまうと、無意識のうちに肌を傷つけることを予防できます。


また、あせもになっている部分を洗いすぎてしまうのもかえって悪化させる要因になりかねません。


石鹸の多用が肌を守る角質まで取り除いてしまうことになり、かえって肌を荒れさせてしまうためです。


石鹸を使って体を洗うことは1日1回で十分で、どうしても汗蒸れが気になるときには汗をシャワーで流すだけにとどめた方がいいでしょう。


一方、あせもができたときに肌を乾燥させるために用いられることがあるベビーパウダー。


ベビーパウダーは汗を吸いとり、肌をサラサラにたもつため予防には効果がありますが、あせもができているときには出口を塞いでしまう恐れがあるので使用を控えた方がいいでしょう。


あせもはできてしまっても、あせもができてもかくのを我慢して清潔にすれば自然に改善していきます。


どうしてもかいてしまったり、服と擦れるなど気になる場合には市販薬がおすすめです。


市販薬には抗炎症性や抗菌性のある成分が入っています。


最近では薬に耐性がある細菌も。


市販薬がききにくいこともあり、数日で改善しないようなら早めに皮膚科に相談しましょう。


あせも対策にはこまめな汗拭きを

あせもを予防するためには汗をかいても放置しないことです。


汗は体温調節のために必要不可欠なもので、それ自体にはほとんど害はありません。


しかし、放置することで通り道にたまってしまったり、細菌が増殖してしまいあせもや汗による肌荒れを引き起こしてしまうのです。


次のようなことに気を付けましょう。


 


〇こまめにタオルで拭く


汗はこまめに拭き、早めに洗い流すことで皮膚環境を清潔に保ちましょう。


〇通気性のいい服を着る


汗で蒸れないように、吸湿速乾性のものがお勧めです。


〇長い髪は束ねる


首筋はとくに汗がたまりやすい部分。


髪で蒸れたり、刺激が加わらないように束ねておくといいでしょう。


〇夏も保湿を


高温多湿の夏でも、肌の乾燥が肌荒れの現因になります。


ハンドクリームなどで保湿を心掛けましょう。


 


例年7月や8月には35度以上の猛暑日が続き、9月、10月になっても油断できない日が多くなっています。


節電と温暖化で、近年危険度が上がってきたあせも。


紫外線対策と同じぐらい、あせも対策にも細心の注意を払いましょう。


関連記事

関連記事はありませんでした

カテゴリーから記事を選ぶ