足に関する総合情報サイトwalkly

つらい夏の冷え性 漢方薬で対処しよう

外は暑いのに体は冷えている。

だるい、むくむ、疲れやすい…。

こんな悩みを抱えているのなら、漢方薬も選択肢のひとつ。

どのような漢方薬を選べばいいのでしょうか。体質ごとにポイントを紹介します。

気・血の不足が冷えの原因に


西洋医学では「病気」と診断されるほどでもない冷え性ですが、東洋医学において体の冷えは「万病のもと」として細心の注意を払って診察されてきました。


東洋医学では「気」「血」「水」という基本的な概念があり、これらに異常が見られるとさまざまな症状が見られるようになると考えられています。体の冷えを引き起こすのは、気が不足する「気虚」、血が不足する「血虚」、血のめぐりが滞る「血於」、余分な水がたまる「内湿」などが挙げられます。こうした不調は生まれ持っての性質のほか、生活習慣によっても引き起こされ、体質として私たちの体に定着しています。


漢方医は、四診と呼ばれる独特な診断法で患者の状態を見極め、「気・血・水」のバランスを整える漢方薬を処方します。冷え性を改善するということは、冷えの体質を改善するということなのです


 


〇体が冷えやすい「気虚」


漢方における気とは生命活動の根源になるエネルギーのことで、常に全身をめぐっています。気虚(ききょ)はそのエネルギーが不足し、体の調整機能が低下している状態です。冷房が効きすぎた部屋に長時間いたり、冷たいものを食べすぎたりといったことも体の熱(エネルギー)を不足させてしまいます。


楽に過ごしていても汗が出る、疲れやすい、食欲不振、頻尿、手足の冷えといった症状が現れます。


体を温め、気を補う漢方薬が処方されます。


 


・こんな漢方薬がオススメ


十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)


人参養栄湯(にんじんようえいとう)など


 


〇ピリピリとした神経痛をともなう「血於」


血於(けつお)は血液の流れが悪くなった状態です。熱が運べなくなり手足の寒さを感じます。ストレスや脂っこいものの食べ過ぎ、喫煙、睡眠不足の他、冷暖房による温度変化も血のめぐりを滞らせる原因です。


冷えの他に、頭痛や関節痛、神経痛、便秘、肌荒れといった症状が現れることがあります。


血の巡りを活発にする漢方薬が処方されます。


 


・こんな漢方薬がオススメ


当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)


温経湯(うんけいとう)


加味逍遙散(かみしょうようさん)


当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)など


 


〇冷えとともに足がむくむ「内湿」


体の水分量が多い状態を内湿(ないしつ)といいます。水分がたまっているところから冷えが生じやすくなります。内湿は水毒とも呼ばれることがある症状です。


内湿では、体のだるさ、下半身のむくみ、下痢、頻尿などの症状が現れます。


余分な水分の排出を促す漢方薬が処方されます。


 


・こんな漢方薬がオススメ


苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)


当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)など


 


 


これらの漢方薬はすべて、冷え性や手足の冷えやすい人に使用されるものです。


詳しい説明はツムラHPなどをご確認ください。


水よりも白湯に、正しい飲み方も意識して


漢方薬を飲む時間は食前か空腹時が一般的。食べ物と一緒に飲むと、腸にたどり着くまでに時間がかかり吸収が悪くなってしまうためです。食前は食事の30分ほど前、食間は食事後2~3時間後が薬を飲むタイミングです。飲み忘れたからと言って、2回分を一気に飲むといったことは副作用の危険もあるのでやめましょう。


粉末タイプで処方されることが多い漢方薬。冷え性の漢方薬は、水ではなく白湯に溶かして服用した方が吸収が良く、期待された効果を発揮しやすくなります。(白湯とは一度沸騰させたお湯を50~60度程度まで冷やしたもの。用意できなければ普通のお湯でもよい。)


味が苦手という場合でも、決められた量を服用することが大切です。抵抗感があるのならオブラートに包んで飲んでしまってもいいでしょう。未使用の漢方薬は密閉容器に入れ、冷蔵庫で保管すると吸湿による変性を防げます。


 


漢方薬は生薬由来なので副作用はないと思われがちですが、体質や飲み合わせ、アレルギー反応などで思わぬ副作用が現れることがあります。一般的な西洋薬との相互作用よる副作用にも注意が必要です。併用薬がある場合、必ず医師に相談するようにしましょう。漢方薬もお薬です。「お薬手帳」を持参するように心がけましょう。


一部の漢方薬では症状が改善に向かう際、一時的に体調が悪化する「瞑眩(めんげん)」と呼ばれる反応が現れることがあります。瞑眩は病気と闘うために起きる好天反応だと考えられていますが、副作用との差がわかりにくいため、3日以上続くようなら専門の医師に相談するようにしましょう。


漢方薬どこで買えば


漢方薬は病院でも日常的に処方されています。


厚生労働省に指定されている148の漢方処方は健康保険が適用され、一般的な薬と同様に1~3割の患者負担で購入することができます。


漢方外来がある専門院や漢方薬局では、あなたの体質を詳しく診断してからあなた用に調整した薬を調合してくれます。こちらは自由診療となり保険の適用外ですが、本来の漢方治療にもっとも近い形だといえるでしょう。


また、街のドラッグストアでも一部の漢方薬が一般用として効き目を弱くした上で取り扱われています。


漢方薬を入手する際は、目的に応じて漢方専門院・病院・ドラッグストアに相談するといいでしょう。


関連記事

女子大生の「冷え症事情」から見えてくる冷えを呼ぶ意外な生活習慣とは

2017.11.22

気温が下がると手足が冷えて、一度冷えるとなかなか温まらない……。このようなつらい症状をもたらす「冷え症」は若い女性に多く見られ、衣・食・住の生活習慣がそれぞれ深く影響していると考えられています。でも、冷えをもたらす生活習慣って具体的になんなのでしょうか?実際に冷え症さんの割合が高い女子大生に尋ねてみ...

冷え症の要因をしって正しい対処を!

2017.07.10

職場のエアコンが稼働し始めるこの季節。猛暑の夏が増えてきたことが影響しているのかはわかりませんが、28度というエアコンの設定温度に不満を持つ人が多いようです。2017年春には、「28度設定は不快」として、クールビズの目標室温をもっと低い温度に見直す動きも。今後は26度、25度といった設定温度が一般的...

―夏の冷え性-足ぽかぽかエクササイズ

2017.07.11

末端冷え性の大きな原因が「足先の血行不良」だといわれています。ストレス・運動不足・生活習慣の乱れ……。理由はいろいろあるけれど、熱を運んでいる血液の流れが末端で悪くなってしまうのが足冷えを引き起こしていることが多いようです。そこで、自宅でも簡単にできる足のストレッチ&エクササイズをご紹介。冷えが気に...

カテゴリーから記事を選ぶ