足に関する総合情報サイトwalkly

自宅で試せる矯正方法も!巻き爪の痛みどうすれば?

爪の両端が通常よりも大きく曲がってしまい、皮膚を巻き込んで痛みが発生するのが「巻き爪」の症状です。

トラブルの主な原因は、つま先の狭くなっている靴を長時間履くことなので、ハイヒールをよく履く女性に多いのが特徴。

自分で何とかするのは難しいイメージがある巻き爪ですが、程度の軽いものであれば自宅でも簡単な対処で痛みを軽減することができるって知っていましたか?

病院ではワイヤーを使った矯正方法が一般的

まず、医療機関ではどのような処置が行われているのかを見てみましょう。


巻き爪は専門的には湾曲爪(わんきょくそう)と呼ばれ、整形外科や皮膚科で相談をすることができます。


巻き爪は進行して肉にまで食い込むようになると陥入爪(かんにゅうそう)と呼ばれる段階になり、指先に異常な肉芽が形成されたり、化膿して膿汁がしみ出してしまったりして、極端に歩く力が低下してしまうこともあります。


このような重度の場合には病院で診察をしてもらう必要があります。


また、比較的軽度でも、より短期間で矯正治療を進めていくために、早い段階で診察を受けることが有効です。


 


病院では一般的に、爪の両端を切除する外科手術と、ワイヤーを使って爪の形を矯正する治療法が行われています。


最近では、形状記憶ワイヤーを使った効果的な治療法が開発され、広く行われるようになっています。


ワイヤーを使った矯正方法は、矯正のための治療期間が長くかかってしまいますが、再発が少なく、簡単に行えて皮膚を傷つけないため日常生活にほとんど影響を与えずに治療を進めていくことができるのが特徴です。


また、爪を持ち上げることができるため、矯正器具を取り付けた直後から痛みを軽減させることができます。


ワイヤーを使った矯正方法は爪の巻き方によっていくつかの種類がありますが、次の2通りの方法がよく知られています。


 


〇マチワイヤー法


爪の先端の白い部分に穴をあけ、形状記憶ワイヤーをひっかけて平坦に矯正する方法です。


形状記憶ワイヤーは曲げても元の形に戻ろうとする力が働くため、爪を矯正する効果が期待できます。


マチワイヤー法は、とくに先端に行くほど湾曲が強くなっている巻き爪の矯正に効果が期待できます。


爪が伸びる1か月~2か月ごとにワイヤーを装着しなおし、何度か繰り返して爪の形を矯正していきます。


 


〇VHO式


爪の根元の両端にフック状のワイヤーをひっかけて、爪の形を平坦に矯正する方法です。


根元に装着するので、巻き爪の程度が小さなものから大きなものまで幅広く対応でき、左右で巻き方に差があるケースでも効果的です。


また、マチワイヤーのように爪に穴をあける必要もありません。


爪が伸びる速度は人によって異なりますが、一般的に3カ月ごとにワイヤーの交換を繰り返して徐々に爪の形を矯正していきます。


自宅で試せる矯正雑貨も

上記のように、現在医療機関では形状記憶ワイヤーを使って爪の形を整える方法が広く行われています。


実は、これと同じような原理を使った雑貨が市販されていて、自宅でも簡単に試すこともできるのです。


 


〇例えばこんな商品が人気!


巻き爪ブロック


爪の先端にバネのような形をしたワイヤーをひっかける方法は、上記「マチワイヤー」と似ています。


ワイヤーがかかりやすいように爪を伸ばし、先端を四角く整える必要がありますが、装着したまま入浴したり、運動したりすることもできるようです。


 


巻き爪ロボ


爪の両端にひっかけて上に引き上げる器具です。


爪には温度や乾燥の変化によって柔らかさが変化する性質があることを利用して、爪が柔らかくなる入浴後に装着して、爪が乾燥する30分後まで装着し続けるだけ。


巻き爪ブロックと合わせて使うとよさそうです。


爪の切り方と歩き方がポイント

元をたどれば巻き爪は、つま先の狭くなっている靴を長時間履いたり、爪を深く切りすぎることで爪の両端が皮膚に食い込んだりすることが原因です。


そのため、一度矯正に成功しても再発してしまう可能性は残っていると考えたほうがいいでしょう。


 


巻き爪の予防には、まず、深爪をしないことが大切です。


爪の先端が指よりも短い状態は明らかな切りすぎです。


爪の先は1mmほど余裕をもって伸ばし、爪の両端が皮膚に食い込むことがないように先端はまっすぐに切り落としましょう。


爪の角を指先の形に合わせて丸く整えると、かえって皮膚に食い込みやすくなってしまいます。


どうしても角が気になるときには、やすりなどでわずかに削るようにするといいでしょう。


肝心なのは、爪は指先よりも長く伸ばすことです。


ときには靴下に穴が空いてしまっても、予防の観点からはこれぐらいがちょうどいいということです。


 


そして次に大切なのは先端が狭く、爪が圧迫されるような靴を履かないことです。


靴は横幅が足とピッタリと合い、つま先には余裕があるものを選ぶと、巻き爪だけではなく、外反母趾の予防にもつながります。


ヒールが高い靴はなるべく避け、高くても3cm程度までのものを選ぶようにした方がいいでしょう。


また、足が痛むからと指先に体重をかけずに歩いているとかえって巻き爪が進行してしまいます。


足の爪は下からの力を受けることで平坦になるからです。


つま先でしっかりと地面を蹴るように歩きましょう。


関連記事

【巻き爪・陥入爪】どうして爪の周りが痛くなる?原因は爪の切り方

2017.09.12

歩くたびに足の爪が皮膚に食い込み痛みが生じる症状は、爪が曲がってしまうことで引き起こされ、専門的には湾曲爪(わんきょくそう)や陥入爪(かんにゅうそう)などと呼ばれています。足元はふだんあまり目に触れる機会が少ないだけに、ささいなトラブルは見逃しがち。ところが、痛みが生じる程ではないにしても爪が曲がっ...

カテゴリーから記事を選ぶ